この記事は……。

  • 自分で相続税申告書を作成したい
  • できれば安くすませたい
  • 「better相続」「ひとりで申告できるもん」どっちが安くて便利か知りたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。
自分で簡単に相続税申告書を作成。申告の難易度をまずはWEB診断。【better相続】

 

 

相続税の申告は面倒!

相続性の申告は多くの手間と時間がかかりますよね。
税理士に頼むにしても報酬が高い。
だったら、自分で相続税の申告しようと思っても多くの専門知識が必要となりますよね。
しかも、自分ひとりだと間違ってしまうかも……。
そんな不安がありますよね。

 

そこで、「better相続」と「ひとりで申告できるもん」を比べてみました!
結論をいうと【完全に自分一人でやれて無料で作りたい人】は「ひとりで申告できるもん」
【一人でやる知識や時間も足りない人】は「better相続」がオススメです。

 

自分で簡単に相続税申告書を作成。申告の難易度をまずはWEB診断。【better相続】
「ひとりで申告できるもん」

 

「ひとりで申告できるもん」の特徴

まず、「ひとりで申告できるもん」の簡単な特徴を解説します。
これはオンライン上で自分一人で申告書を作成する無料サービスです。
質問項目に沿って解答していくことで申告書が作成できます。

 

「ひとりで申告できるもん」

 

「ひとりで申告できるもん」のメリット・デメリットは以下のつです。

メリット

ダウンロード等不要

完全無料

相続税の計算
相続税申告書の印刷
相続税の申告書作成

?

デメリット
不備の可能性大
これでいいのか分からない
場合よっては専門知識が必要

「ひとりで申告できるもん」メリット

ダウンロード不要

オンライン上で完結するソフトなのでPCにソフトをDL⇒解凍(展開)⇒インストールという必要はありません。

 

完全無料

完全に自分で0かから作るので無料なので代金を支払う必要はありません。

 

相続税の計算

質問に沿って解答していけば、大まかな相続税の計算はできます。

 

相続税の申告書作成&印刷

サイトより相続税の申告書作成+印刷ができるようです。

 

 

「ひとりで申告できるもん」のデメリット

不備がある可能性大

完全に自分で作っているので不備がある可能性があります。
また、「平成30事務年度における相続税の調査等の状況」よると、
なんと86%が追徴課税等の不利益を被っています!
したがって知識がない素人が作ったらさらに追徴課税の可能性は大です。

 

これでいいのか分からない

一人で作成しても本当にこれで不備ないか分かりません。
申告書を出しても上記に示した追徴課税が発生する可能性がので、
不安がずっとつきまといます。

 

場合よっては自分で勉強する必要あり

いくら本を読んでいたとり、WEBで調べていても、その内容が100%正しいわけでもないですし、
時代ともに税制も変わっています。
その本・WEBの内容が既に過去のものになっていて、今は違う処理を求められている可能性だってあります。

 

「better相続」の特徴

続いて、「better相続」の簡単な特徴を説明します。
こちらもオンライン上で完結する相続税申告書を作成できる有料サービスとなっています。
基本的には案内に沿って解答して自分で作成していきますが、税理士に相談もできます。
自分で簡単に相続税申告書を作成。申告の難易度をまずはWEB診断。【better相続】

メリット
ダウンロード等不要
申告書は税理士が監修
申告書を税務署に提出するまで税理士に相談し放題
申告書と一緒に税務署に提出が必要な資料が表示される
相続税申告書をPDFで作成可能
申告が作成できなかった場合は全額返金保証
節税提案、2次相続対策、終活コンサルティングが無料

 

デメリット
有料

サービス対象外の内容あり

ダウンロード等不要

こちらもPCに何かをDLおよびインストールする必要はありません。

 

申告書は税理士が監修

基本は自分でつくっていきます。
ですが分からないところや不安なところがあれば、すぐに税理士に相談ができます。
相談方法はチャットや電話があります。

 

申告書を税務署に提出するまで税理士に相談し放題

「ひとりで申告できるもん」は1時間1万円で相談が可能となります。
しかし、「better相続」なら時間を気にする心配がなく、落ち着いて気になるところを質問できます。

 

申告書と一緒に税務署に提出が必要な資料が表示される

申告書だけで完結しない場合もあります。
そんな時、どんな資料が足りていないかも教えてくれます。

 

相続税申告書をPDFで作成可能

PDFで作成できるので印刷も用意にできます。

 

申告が作成できなかった場合は全額返金保証

万が一、申告が作成しなかった場合は全額返金保証となるので
気軽に申込ができます。

 

節税提案、2次相続対策、終活コンサルティングが無料

「better相続」は相続税の申告書作成だけではありません。
節税対策や就活コンサルなど、税金にかかわることを幅広く相談にのってくれます。

 

「better相続」デメリット

有料

定額 69,000 円となっています。

 

これだけみると高いな、
思う方もいるかもしれません。
しかし、一般的に相続税申告書を税理士に頼むと20〜50万円は報酬として発生してしまいます。
(betterが定額69,000 円で出来るのは基本的には契約者が主導で書くからです)

【下記に該当するものはサービス対象外】となっています(公式サイトより引用)
・相続財産の中に海外にある財産が含まれている場合
(FXなどの外国通貨や国内の証券会社を通じて購入している株式や債権等は、問題ありません。)
・相続財産の中に非上場株式が含まれている場合
・相続税の納税猶予、物納及び延納を行う予定の方
・修正申告書の作成
・過去に、未成年者控除、障害者控除を適用したことがある場合

 

【対応外帳票一覧】
・納税義務等の承継に係る明細書(兼相続人の代表者指定届出書)
・受益者等が存しない信託等に係る相続税額の計算明細書
・人格のない社団等又は持分の定めのない法人に課される相続税額の計算明細書
・特定一般社団法人等に課される相続税額の計算明細書(別表含む)
・財産を取得した人のうちに農業相続人がいる場合の各人の算出税額の計算書
・外国税額控除額・農地等納税猶予税額の計算書
・株式等納税猶予税額の計算書(付表含む)
・特例株式等納税猶予税額の計算書(付表含む)
・山林納税猶予税額の計算書(付表含む)
・医療法人持分納税猶予税額、税額控除額の計算書(付表含む)
・美術品納税猶予税額の計算書(付表含む)
・事業用資産納税猶予税額の計算書(付表含む)
・納税猶予税額等の調整計算書
・納税猶予税額の内訳書
・特定事業用資産等についての課税価格の計算明細書
・特定受贈同族会社株式等である選択特定事業用資産についての課税価格の計算明細
・特定受贈同族会社株式等について会社分割等があった場合の特例の対象となる価額等の計算明細
・特定森林経営計画対象山林又は特定受贈森林経営計画対象山林である選択特定計画山林についての課税価格の計算明細
・個人の事業用資産の贈与者が死亡した場合の相続税の課税の特例の適用に係る特例受贈事業用資産の明細書
・農地等についての納税猶予の適用を受ける特例農地等の明細書

 

結局どっちがいいの?

とにかくお金は払いたくはない人は……

「ひとりで申告できるもん」がオススメ!
「ひとりで申告できるもん」
自分で相続税の知識があったり時間がある人
そして、何よりお金を払いたくない人は
こちらで作成することをオススメします。

 

多少はお金は払えるけど、何十万も払いたくない人は……

「better相続」がオススメ!
自分で簡単に相続税申告書を作成。申告の難易度をまずはWEB診断。【better相続】

 

時間に余裕がなかったり、はじめて申告書を提出する人、
追徴課税のためにまた時間とお金を取られたくない人は
こちらをオススメします。

 

自分で簡単に相続税申告書を作成。申告の難易度をまずはWEB診断。【better相続】